ベストワンで自分に合わせた勉強法を~目標クリアで新しい自分に~

中学受験の試験内容

これまでの経緯

学生

中学受験は、通常の一般公立中学校に進学するのではなく、私立などの中学校に進学をしていくときの受験として必要なものです。 昔から中学受験を利用する人は多く、特に進学率の高い学校や特別な指導カリキュラムを持っているような学校に行く人が利用をしています。学校は都市部に多くあるために、中学受験をする人も都市部に居住している人が多くいますが、学校の中には寮を完備しているような学校もあるため、こうした学校には地方から集まるところもあります。 最近では中高一貫教育といった独自性を打ち出している学校が増えてきているために、こうした学校への進学を考えている人が増加し、中学受験をする人も増えていくのではないと予想されています。

通常の学校にはない試験

中学受験の特徴としては、一般の学校では出てこないような試験問題を課されることが多いことです。例えば、試験の範囲が小学校で学習する範囲だけでなく中学校で学習する範囲までふくまれているケースや芸術系の学校においては実技試験が課されるようなところもあります。 学校独自で試験問題を作ることができるのが大きな特徴であり、学校側も一部の能力に特化して生徒を集めようとしているところもあります。 そのため、受験で合格するには学校で勉強しているだけでは試験に合格できないケースが多いです。そこで児童の多くは学習塾に通って学力をつけています。学習塾も特定の学校に合格することができるよう専門の学習カリキュラムを組んでいるところがあります。

Copyright (c) 2015 ベストワンで自分に合わせた勉強法を~目標クリアで新しい自分に~ all reserved.